2018年4月30日月曜日

誰もいない清里駅前を歩く



まあ、なんである、30年ぐらい前の猫も杓子も清里てな清里全盛期に、駅から少し離れた畑の中に忽然と現れた某デズニーランドまがいの建物が並ぶなんとか通りに一度物見遊山に来て、宣伝にのせられて集まったおねーちゃんおにーちゃんに混じって大混雑の中、馬鹿丸出しでうろうろしたことがあるのである。

「あの清里はいったいどうなったのかね?」とふと思い立って、その当時の清里の記憶を呼び覚まし、清浄であった若かりし日々の追憶と回想に浸ってはらはらと涙を流し、金と浮世の汚濁にまみれたわが身の今を建て直そうと、中央フリーウエイをひた走って来てみたのであるが、そのときに立ち寄ったなんとか通りの商店街も建物も、すでに跡形もなくなっていたのである。

どこがどこやらわからん状態では記憶もへったくれもないので、そこからテクテク歩いて駅前通りに来てみたのであるが、ここもご覧の通りの無人状態である。

東京からは軽井沢よりはるかに交通の便がよろしいと思うのであるが、売りがいまひとつはっきりとしないせいか、正午近くであるのにだーれもいないのである。


駅前のいわゆるメインストリートであるのに店はほとんど閉店していて、当時の有名店も売り物件てな札も貼ってあるのである。


星の王子様も廃屋の王子さまになってしまったのである。

なにしろ店名が星の王子さまであるから、この店で出会った男女にいかなる恋物語が展開されたのかされなかったのか、この状態からはどーやってもこーやっても想像するべくもないのである。


かのMLK POTもあらいやんてな具合になってるのである。


それでも駅周辺はきれいに整備されて、駅にはSLも展示されていて、なかなかいい雰囲気であるが、駅前通りには広大な無料駐車場があるにも関わらずだーれもいないし、駅からもだーれも降りてこないのである。

語弊はあるが、いわば町おこしが完全に失敗してしまったわけである。

観光協会・商店会の皆様にはいっそうの奮闘努力を願うばかりであるが、もちろん大きなお世話である。

ううむ、まあ、こんなとこかな。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2018年2月19日月曜日

高幡不動ござれ市



東京都日野市にある高幡不動尊金剛寺のござれ市を歩いてみたのである。

開催日は毎月第3日曜で、朝7時から午後4時までの、いわゆる骨董市である。

この日は寒いながらも好天に恵まれて、駐車場には観光バスも停まっていて、朝から交通整理のガードマンが大忙しである。

ううむ、いかんな文章に切れも洒落も皮肉もなくて、馬鹿丸出しの定型文みたいになってるのである。

これでは次回の芥川賞も絶望的である。

だれが芥川賞だ。


まあ、おそらくござれ市のござれはなんでもござれのござれであろうことはあたしみたいな愚か者にもご想像に難くないござれであるが、そのござれの名の通り、古着古本から古銭、宝石、アクセサリー、花器、茶わん、茶釜、洋食器、香呂、掛け軸、暖簾、前掛け、半纏、ポスター、洋画、日本画、仏像、鉄器、農工具、盆石、ミリタリー、電話機、時計から墨付けの墨壺などなど、古いものならなんでもござれの品ぞろえでお客様をお待ち申し上げてござれるのである。


まあ、あたしは敬虔な仏教徒として、毎年この時期の恒例で、火防守りのお札をもらいがてら、何度かこのござれ市にお越しになっているのであるが、なんというか、わかる人はわかる昔懐かし某つげ義春先生の世界である。

しかし、骨董品にまったく興味のないあたしには、関係者の皆様方にまことに失礼ながらごみ不用品の集積場に入り込んだ面持ちで、押し入れの奥にしまいこんで忘れた衣類の匂いに包まれて、そこはかとない退廃的な雰囲気にじっくりと浸りこんで楽しむ心意気である。

無駄な言い回しが無駄に多すぎるし、心意気の使用法がまったく違うというご指摘には素知らぬ顔でスルーして、まあ、ものがものだけに客の大半は六十代以降のおじーさんおばーさんであるが、それでも、若いカップルや小さなお子様連れの若いご夫婦もおられたりして、某テレ東鑑定団の威力は骨董品を老若男女に認知させたという点で、この手の業者さんにはあだやおろそかにできないそれこれであるなあと感慨もあれこれするのである。

まあ、実際にどうみても廃品回収のごみとしか思えないものを集めて売ってる店もあって、いくらなんでもこんなものを買う人がいるのかねなんて思ってると、真剣にそのごみの値段を聞いてるおばあさんがおられたりして、そのごみの価値を真顔であれこれ講釈している業者のおじさんがいて、この市の楽しみ方の一環を垣間見るあれこれである。

物の価値は、欲しい人がいればごみも値千金の宝ものであるのは言わずもがなである。

それが資本主義の原理原則で、需要と供給の妙なる調べであるが、あたしが品定めのふりをしてあれこれ品物を見てても、業者さんがだーれも話しかけてこないのは、あたしに需要がないので供給する気がないということであるわけである。


上の写真のおじさんたちのようなファッション色合いのいで立ちが正しいマニアの方向性であるとすれば、あたしは上から下まで黒一色で、異様といえば異様であるので、店のおじさんとの粋な骨董品うんちくおしゃべりは望んでも無理であるかもしれないのであるが、まあ、どっちにしてもまったく興味がないので、話のしようもないのである。

なら来るなと言われればぐうの音も出ないが、それもこれも死ぬまでの暇つぶしの一環としての時間の過ごし方のバリエーションであるので、ここはひとつ大目に見て、あたしの勝手にさせてくれであるのである。

てなことを言ってるが、実はこの雰囲気がこれでけっこうお気に入りであるので、来るなと言われても次回も来るのである。

でもなんにも買わないのである。

いわば、ござれ市にとっては最低の客であるが、まあ、枯れ木も山の賑わいということで、いわゆる露店のサクラのお役目は果たしているかもしれないのである。

この世に無駄なものは何一つないということである。

一見、まったくの無駄な存在に見える不肖象師匠だって、このように世の中のお役に立っているのである。

ううむ、なんか書けば書くほど自分が情けなく感じてくるのはなんでかしらん。

それで、まあ、あたしゃ午前10時半ぐらいに到着したのであるが、どうも、骨董品マニアや通の皆さんはくだんの某テレ東の鑑定団に出てくるような掘り出しものを求めて朝の7時からお越しになるらしく、売るものは売ったということなのかどうなのか、すでに閉店の片づけを始めた業者の方もおられて、あーらびっくりねである。


つまり、目利きの皆さんと業者さんとの熾烈な駆け引きは早朝に終わったせいなのかどうなのか定かではないが、この時間以降はあたしみたいな物見遊山か、業者さんに絡んで会話を楽しむことが目的のご老人が多く、売る気も買う気もそこそこのリラックスした雰囲気が醸し出されていて、なかなかこれはこれで実にナニである。


店によっては店頭に数万円のものを置いてる店もあって、それはそれでなるほどねという品であるが、500円均一てな実にお買い得な店もあるので、楽しみかたはそれぞれである。


この日は好天のせいなのか時節柄なのか、いつもより業者さんの数が多く、参道の外れから通路の端の方の境内の隅々まで店が出ていて、その数は百数十店以上であるかもしれない賑わいである。


つーことで、もらってきた火防守りのお札であるが、「もらってきた」は失礼であるので「頂いてきた」である。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2018年1月26日金曜日

2,018年正月3日朝の鶴ケ丘八幡宮入口の三の鳥居付近の雑踏



なにしろ鎌倉観光の中心ともいえる鶴岡八幡宮であるので、正月に限らず善男善女かどうかは別にして、電車を降りると我も我もとここを目指してお歩きになるのである。

これが正月三が日ともなると朝っぱらからこの騒ぎである。

大晦日から元旦にかけては、境内の露天商や付近の飲食店や土産物屋やその他の商店の皆さんはこのときとばかりに体力の限界に挑戦して夜も寝ずにおかせぎになるわけであるが、この日は3日であるので、ある意味落ち着いた雰囲気を醸し出しているのである。

まあ、これから時間を経るごとに大混雑になって殺気立った様相を見せるのかどうなのかは定かでないが、鎌倉の正月は「悔い改め なさい、天の御国は近づいた」の拡声器もにぎやかに、あたしら観光客の心を和ませるのである。

まあ、鎌倉に来る目的が刺身と酒であるので、昼近くになると霊能グルメレポーターとしてそのための店探しに命がけで、参拝どころではないので、すいてるうちに拝んどけと思って拝殿の方にスタスタと軽やかに歩を進めたら、これが案に相違して朝っぱらから大行列で、並ぶことをなによりもヘイトするあたしはすぐギブアップして、付近の神社仏閣に向かったのはいうまでもないことである。

子どものころから数十年にわたって鎌倉に初もうでにご巡行あそばしておられるので、あれこれ行きつくしたと思われる昨今であるが、それでも、まだお参りしていない神社仏閣があって、鎌倉のお寺さんや神社は檀家氏子の取り合いで経営も困難を極めることも想像に難くないのである。

壇かずらの通りには「お寺cafe」なるものもできていて、「こりゃなんだろう?」とご入店したら、浄土真宗の僧侶と思しきおじさんがコーヒーを持ってきたのである。

まあ、宗派としての教義の普及なのか副業なのか多角経営なのかはさておいて、実に地道なご商売に精出しておられるので、「ありがたいありがたい」と合掌せずにコーヒーをいただいたのである。

ちゃんちゃん。

まあ、こんなことでひとつ。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2016年10月10日月曜日

伊豆の海に浸かる(熱海サンピーチ・長半海水浴場・伊東オレンジビーチ・川奈いるか浜)



熱海サンビーチである。

まあ、なんというか、今年の夏に海水浴をした伊豆の海水浴場のあれこれである。

あたしは東京生まれの湘南育ちであるが、最近は鎌倉・江ノ島・茅ヶ崎では泳がないのである。

泳ぐのはもっぱら伊豆の海である。

まあ、あたしは湘南ボーイの成れの果てであるが、昨今のあたしにとっての海は、サーフィンでもなく、ウインドサーフィンでもなく、ダイビングあるいはスキンダイビングでもなく、ひたすら海水浴である。

海水浴というとなんとなく古めかしい響きであるが、やっぱり海の醍醐味は海水浴である。

言い方を変えると、海水に浸かるのである。

人間の回帰するところは海であるので、陸に上がっていることは本来ではないわけである。

その本来でない陸の生活から、ほんのひと時の回帰が海水浴であるわけである。

海水浴によってあたしの細胞は本来の組成に戻り活き活きと蘇ると思い込んでいるわけである。

さて、熱海のサンビーチは、以前は近隣のホテルや住宅の生活排水等の垂れ流しできったなくて臭くて泳げたもんではなかったのである。

ところが、浄化槽の威力なのか、近年はそーでもなくて、水質に極めてうるさいあたしでも、多少の勇気を出せば泳げなくもないレベルにまで回復したのである。

でも、この日は勇気が不足していて、残念ながら風景をご覧になるだけで、熱海の海で原始回帰には至らなかったのである。



続いて、熱海よりも、もう少し下田寄りの長浜海水浴場である。

ここは大変設備の整った海水浴場で、駐車場やトイレ・更衣室も完備しているので、ご家族連れにもお勧めである。

べつにあたしは長浜海水浴場の回し者ではないので、大きなお世話であるが、まあ、熱海の海よりは水が多少きれいであるので、一応、泳いでみたのである。

しかし、なかなか顔を浸けて泳ぐ気にはならんので、主に平泳ぎと海の定番の脚は平泳ぎで手はクロールの貫手である。



さらに下田寄りの伊東オレンジビーチである。

まあ、伊東温泉という全国有数の温泉街の目の前であるので、日本有数の水質マニアのあたしとしては熱海同様に風景をご覧になるだけである。

あいにくの曇天で、雰囲気もどんよりとしているのであるが、それでも潮の香りと波の音で心は悠久の古代にいざなわれて、あたしの細胞が息を吹き返すのを実感できるのである。

ほんとかね。



その伊東からさらに下田よりの川奈のいるか浜である。

小さな漁港にある浜であるが、小さいながら駐車場とトイレ・更衣室の完備した海水浴場である。

伊豆半島もここまで来ると水質がぐぐんとアップして、さらに砂浜でなく砂利浜であるので、さらに海が澄んでいるので、もちろん顔も頭も浸けて泳ぎまくってお楽しみになったのである。

これで、あたしの細胞は本来の輝きを取り戻し、来年の夏まで元気に氣の世界の領袖としてのお役目をこよなく果たすことができるわけである。

知らんがな。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン

2016年9月29日木曜日

伊東温泉のキネマ通り・湯の花通り・仲丸通り・松川通りを歩く



ご存知の通り、伊東温泉は静岡県では熱海と並ぶ大人気温泉街である。

ところが街歩きの達人の象師匠におかれましては、その人気温泉街を散策したことがなかったのである。

街をそぞろ歩くことに命をかけるあたしとしては、これはなんとしても、伊東温泉のストリートをこれでもかと歩き倒して溜飲を下げたいところである。

それで、お泊りになった温泉旅館から歩き始めたら、「駅への近道」と言う看板があって、「キネマ通り」てな通り名が書いてあるので、そこから歩き始めたのである。

正式には「伊豆・伊東温泉 ショッピングストリート スカイドーム キネマ通り」つーことで、通りはアーケードになっていて雨の日もだいじょーぶである。

歩き始めると妙なる調べも流れて、かつてこの通りに映画館が2軒あったということかたキネマ通りということであるそーであるが、それがどこにあったのかはわからんのである。

シャッターに貸店舗と張り紙した店も多くて、通りの中央では中学生がたむろして騒いでいたりして、昨今の温泉街の寂しさがひしひしと身にしみる風情であるが、これはこれで街歩きの醍醐味である。

何を言ってるのかわからんが、これが平日の午後4時半頃であるので、土日休日はもっと賑わっているのかもしれないということを申し上げておくのである。



キネマ通りが終わると、湯の花通りの入口である。

なにしろ温泉街であるので、メインはこの通りである。

歩き始めると駅前に近づくにつれて、店の灯りも賑やかに、パチンコ屋の音楽も喧しく、なんとなく温泉街の情緒もそこはかとなく感じられるのである。

おためごかしに終始しているが、街歩きの基本は日常の風景の散策であるので、地元の人が雑用をしているなんて風景がお楽しみの中心である。

そこがね、街歩きのプロの真骨頂である。



続いて、湯の丸通りの隣の仲丸通りである。

仲丸通りには左右に飲食店が並んでいて、いわゆる温泉の飲み屋街である。

旅館で飲み足りないお父さんがふらふらと歩きだして、いわゆる温泉情緒を楽しむ通りであるわけである。



散策を終えてホテルに帰ろうと思ったら、中国人観光客の皆さんがワイワイと賑やかにどこぞへ歩いて行くので、あたしも付いて行ったら松川通りという看板のある通りに着いたのである。

松川通りには平成13年に市の文化財施設として改修された、昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建の温泉旅館の東海館があるのである。

お好きな方はご入浴もできるので、お楽しみ頂きたいが、べつにあたしはこの施設の宣伝マンではないので、どーでもいいのである。

何事も縁であり塞翁が駄馬であるので、運命にことごとく流されて生きていると、このように、世界中の観光地でマナー最悪で不評の中国人観光客の皆さんでもあたしをよろしい風景にいざなって頂けるのである。

てなことで、伊東温泉の通りをこよなくざっくりと歩き倒して、伊東温泉の通となったわけであるが、まだまだ、歩いていない通りもあるので、またいつの日にかのお楽しみである。

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ 人気ブログランキングへ 写真でポン